壁紙の張り方

この度は、壁紙・クロスデビューおめでとうございます。

せっかく購入したはじめての壁紙・クロス、どうせなら最初からきれいに、素敵に貼りたいですよね。

そこで、今回は初めて購入した方へ、『失敗しない壁紙・クロスの貼り方』をお伝えします。
写真で、動画でしっかり確認して素敵な壁紙ライフをお楽しみ下さい。

壁紙を貼るための専用の用具を準備しましょう。
【施工に必要な7つの道具】
1、ローラー
2、竹べら
3、地ベラ
4、なでハケ
5、コーキング
6、カッター
7、スポンジ

障害となるような、コンセントカバー、スイッチカバーを外しましょう。

まずは、コンセント・スイッチのプレートを外しておきましょう。

カバープレートを外すと、受け側のプレートが出てきますので、ドライバーでネジをまわして取り外します。

こうなれば準備完了です!

古い壁紙をはがしましょう。

壁紙の継ぎ目を探します。

継ぎ目が見当たらない場合、適当な場所にカッターで軽く切れ込みを入れ、きっかけを作ってはがし始めます。

壁紙を剥がした際に白っぽい薄紙が残ります。これは裏紙が残ったものです。
裏紙が浮いていなければ問題ないですが、目立つようなら、ヘラ・パテを使って剥がしましょう。表面が滑らかになれば大丈夫です。

裏紙が上手く剥がせないで下地が出て段差がある場合は、パテで平らにします。

壁の高さに合わせて壁髪を切りましょう。

壁紙を貼りたい天井から床の高さをメジャーで測ります。メモを残しておくと良いでしょう。

壁紙を床に置いて広げましょう。

測定した高さ+10cmの長さに1枚目の壁紙をカットします。

右側の壁の端から90cmのところにしるしをつけます。

五円玉に糸を結んだものを用意し、つけた印から糸を垂らします。

糸に沿って、鉛筆で線を引きます。(点線でかまいません)糸をとって、基準線の完成です。

フィルムをめくります。全部めくったら丸めて捨ててOKです。

最初の10cm程度を折り返します。それ以降は折り目がつかないよう、のり面どうしを合わせてたたみます。

まっすぐ貼る&空気抜き

壁紙の左端を基準線に合わせていきます。上部分は約5cmの余分を作り、大体の位置で貼りつけます。

のりが塗ってあるので張り付けてからでも、ずらすことができます。

左端のラインに沿って貼りつけたら、なでバケで左端の空気を抜きます。

(へこみ部分)は地ベラで

角部分は、壁紙をたるませて、竹べらで隅に壁紙をしっかり押し込みます。

地ベラをあてて、カッターで余分な壁紙をカットしていきます。

たるみを伸ばして、切り離したところに隙間が開かないように押し込んで貼ります。

コンセント・スイッチ部分のカットの仕方

まずは上から壁紙を貼ります。

手でコンセントの位置を探り、コンセントを傷つけないように壁紙を浮かせてカッターで切り込みを入れます。

切込みをいれます。

コンセントの形に沿って、竹べらで折り目を付けます。

地ベラをあてて余分をカット。

コンセントに付いたのりをスポンジでふき取り、プレートを戻せば完成です。

まっすぐ貼る&空気抜き

1枚目のサイドテープを外します。

2枚目の右端を4cm程度、1枚目の壁紙の上にまっすぐ重ねていきます。残りは1枚目の要領で壁紙を貼りつけていきます。

重なっている2枚の真ん中あたりからカットしていきます(重ね切り)。カッターを地ベラに沿って切ります。地ベラの下部分までいくとカッターをずらさず地ベラのみを下にスライドします。 ※カッターの刃は、もったいないと思わずにこまめに切りましょう。

カットした余分な壁紙を取り除きます。
1枚目の余分な壁紙と2枚目の裏についているテープも忘れずに取り除いてください。

余分な壁紙を取り除いたら、ジョイントローラーでつなぎ目を圧着します。

隅にコーキングを塗り、スポンジで拭きとっていきます。

1枚目はSTEP3・4と同様の手順です。
2枚目からは柄合わせが必要です。パラパラと2枚目の壁紙をめくり柄がぴったり合っているか確認しましょう。

重なっている2枚の真ん中あたりからカットしていきます(重ね切り)。カッターを地ベラに沿って切ります。地ベラの下部分までいくとカッターをずらさず地ベラのみを下にスライドします。 ※カッターの刃は、もったいないと思わずにこまめに切りましょう。

カットした余分な壁紙を取り除きます。1枚目の余分な壁紙と2枚目の裏についているテープも忘れずに取り除いてください。

カットした余分な壁紙を取り除きます。
1枚目の余分な壁紙と2枚目の裏についているテープも忘れずに取り除いてください。

余分な壁紙を取り除いたら、ジョイントローラーでつなぎ目を圧着します。

隅にコーキングを塗り、スポンジで拭きとっていきます。

余分な壁紙を取り除いたら、ジョイントローラーでつなぎ目を圧着します。